津田沼の医学部予備校に通って合格できました。

14時間の詰め込み学習を続けられました

医学部 予備校 津田沼大学受験の予備校 河合塾

初めは中学生と高校生の初歩的な数学や物理の公式や計算式を理解するところから始めて、数学や物理の基礎を徹底的に学ぶ事から始まりました。
苦手意識があったので数学と理系科目の勉強を始めた時は非常に苦痛でしたが、理解して行くうちに問題を解く楽しさを学べて、勉強しているうちにどんどん好きになって勉強が楽しくなって行きました。
基礎の詰め込み学習は4月から6月まで続き、いつの間にか理数系の科目が得意科目になってました。
6月の模試でセンター試験と入校試験と同じ習熟度判定試験を受けたら、センター試験模試では90%の取れるようになっていて、習熟度試験では入校の時に最下位だった理数系の科目が上位に上がってました。
結果が付いてくると俄然やる気が増して、専属の個別指導の講師が組んでくれたカリキュラム通りに勉強し続けました。
夏休みになると遊びたい煩悩にかられますが、テレビもゲーム機もスマホの持ち込みも全て禁止されている全寮制の施設のため、夏の間お盆休み以外はずっと14時間の詰め込み学習を続けられました。

津田沼の医学部進学専門予備校、講師採用にはテストがあったらしいんだけど。
今終わった飲み会でみんなそんな話をしていたが、私はそんなもの受けてません。

— Hibird (@Hibird8) 2012年4月4日

小さな全寮制の医学部予備校に通う事にした14時間の詰め込み学習を続けられました本命だった大学の医学部にも合格できました